現体制ラストも元気いっぱいなステージに♪SAKA-SAMA、朝倉みずほがサポートメンバーを終了

2022年7月2日、東京・代官山UNITにてアイドルグループ「SAKA-SAMA」のワンマンライブ「万祝」が開催。

このライブでは、2019年8月より参加していた朝倉みずほがサポートメンバーとしての活動を終え、寿々木ここねと2人で過ごしたSAKA-SAMAとしても現体制を終了します。

10年という朝倉みずほのアイドル活動の節目ということもあってか、会場にはたくさんの観客でいっぱい。現体制終了とはいえ、会場の雰囲気はあたたかく、ステージ上の2人も幸せな表情にあふれるライブとなりました。

もくじ

SAKA-SAMAワンマンライブ「万祝」レポート

セットリスト

  1. 万祝 
  2. Ex/cla/ma/tion/!!
  3. 寿司でぃ・ないと・ふぃーばー!! 
  4. タイミング
  5. 空耳かもしれない
  6. 或る日の出来事
  7. 時々わたし
  8. SAMA-DREAMING
  9. 恋は愛の日傘 
  10. わたし世界と地続きです
  11. 抱えきれないわ
  12. 朝も夜もおなじ
  13. おやすみジュディ
  14. 可能性
  15. 変身
  16. Melody
  17. Heavenly Blue ~ずっと傍にいたい~
  18. 終わりから
  19. ライト・ナウ!!
  20. ダンスを止めるな
  21. 革命前夜
  22. ひとりぼっちの地球人
  23. ネガティブ・グライダー
  24. E.S.P.
  25. ライラック・ランデブー
  26. 君が一番かっこいいじゃん

~アンコール~

  1. to the stars
  2. 朝日のようにさわやかに
  3. わたしたちの地図
  4. たんぽぽ

ライブレポート

※以下、呼び方
寿々木ここね:ここね
朝倉みずほ:みずほ

寿々木ここね(左)
朝倉みずほ(右)

「えいえいおー!」という掛け声から勢いよく「万祝」で始まるステージ。一気に5曲を披露した2人は「私たちSAKA-SAMAです。よろしくお願いします。」と挨拶すると、みずほはこの日を記憶にとどめるためか、じっと観客を見渡します。

言葉は少なめに一曲一曲を刻むこむような力の限りパフォーマンスは、思いをこめるような姿、そして、思わず笑いがこぼれるようなキュートな姿で目を引きます。

MCではみずほが「こんなに来てくれると思わなかった、ありがとう。」と気持ちを伝えつつ、ここねが現体制ラストとなるアルバム「万祝」についても触れます。時には2人が勢いよく水分補給をするシーンも。

可愛く明るく、時に激しく、バラエティに富んだ楽曲を届ける2人のライブ。個性あふれるパフォーマンスで、26曲もの楽曲もあっという間。「私たちSAKA-SAMAでした!」と気付けば本編は終了となりました。

さらにアンコールがかかると、「to the stars」で2人は登場。「アンコールありがとうございます」とここねが笑顔を見せると、みずほは足の虫刺されも披露していきます。

そして、みずほは「3年もサポーターを続けるとは思っていなかった」と、続けてきて楽しかった思いや、ここねとの仲が深まったこと、また様々な楽曲と出会えたことを「とても濃く楽しく活動できて、とても楽しい時間でした」と振り返ります。

ここねも「スーパーナイスサポートありがとうございました。」と、みずほを通しての出会いも多くあったことを感謝。

まだまだと、さらに楽曲を披露していくと合計全30曲を披露してパフォーマンスは終了。

すると、サプライズでSAKA-SAMAメンバーを期間限定で務めたこともある「O’CHAWANZ」のさとうららが登場し、「みんなを代表して」とそれぞれに花束を届けます。

「最高の笑顔で最高のSAKA-SAMAを作り上げてくれてありがとう。」と言うと恐縮しつつ花束をもらうみずほ。

最後には記念写真も撮りつつ、SAKA-SAMA現体制ラストライブはさわやかに幕を下ろしました。

■RELEASE
SAKA-SAMAワンマンライブ「万祝」を収録したBD-RとDVD-Rが8月中旬発売決定!
詳細はTRASH-UP!! RECORDSの通販サイトにて。現在予約受付中。
https://trashup.thebase.in/

■SAKA-SAMA公式Twitter
https://twitter.com/sakasama_info

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる