「=LOVE×HADO ミニライブ& HADOカップ」で白熱!ARスポーツ「HADO」による平成30年7月豪雨チャリティーイベント

2018年7月29日、ARを使ったテクノスポーツ「HADO」とアイドルグループ「=LOVE」によるコラボイベント「=LOVE×HADO ミニライブ& HADOカップ」が開催された。

「HADO」は、 頭にヘッドマウントディスプレイ、 腕にアームセンサーを装着して技を放つ、 今話題の最新のAR技術を使ったスポーツ。 3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、 80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。現在、HADOは世界16ヶ国26箇所に店舗を展開し、延べ80万人以上が体験している。

HADOカップ開催

オープニングトークで会場を沸かせた後、=LOVEのメンバー同士によるHADOミニトーナメントを開催。今回のイベントでは、自身が応援していたチームがトーナメントで優勝した場合、優勝チームの2人と一緒に写真撮影が出来る特典付きとなっており、ファンもより応援に熱が入り、一丸となって試合を盛り上げました。

1部トーナメントの優勝は…

イベントは1部・2部と2回行われ、1部は下記の組み合わせでトーナメントが行われた。

当日は佐々木舞香が体調不良により欠席であったため、Fチームには1回戦で惜しくも敗退してしまったBチームより、スコアが高かった方ということで、大場花菜が代打で入った。それぞれのファンの熱い応援の中、見事イベント1部では「野口衣織&齋藤樹愛羅ペア」が優勝した。

おそらくは=LOVE内HADO最強の野口衣織。野口にプレイのコツを伝授されたのか、当日がHADO初体験だった齋藤樹愛羅もHADOの才能をドンドン開花させて行き、2人のスーパープレイにより見事勝利。

2部トーナメントの優勝は…

イベント2部ではトーナメントの組み合わせを変更。すると偶然にも佐々木舞香の代打でまたもFチームに大場花菜さんが入ることに。激戦の結果、2部トーナメントは「齊藤なぎさ&齋藤樹愛羅ペア」が優勝。その強さは凄まじく、準決勝では=LOVE最強の野口率いる「野口衣織&大場花菜ペア」を倒して見事決勝進出となり、その勢いはとどまることなく、一気に優勝まで駆け上がった。

=LOVEミニライブ

イベントでは=LOVEによるミニライブも開催。トーナメントでは争っていたメンバーも、息の合った素晴らしい歌とダンスによるパフォーマンスにより会場を大いに盛り上げた。

【義援金について、主催者よりコメント】
大盛況の中、幕を閉じた「=LOVE×HADO ミニライブ& HADOカップ」ご来場頂いた方へこの場を借りて御礼を申し上げます。ご来場誠にありがとうございました。本イベントはチャリティーイベントとなっており、今回のチケット代金売上全額を「平成30年7月豪雨」により被災された地域の自治体へ寄付させて頂きます。株式会社meleapでは1日も早い復興を願っております。

■LINK
URL:http://meleap.com/