内田珠鈴が笑顔と涙の3rdワンマン!気持ちを出し切ったステージに渋谷duoでの4thワンマンも発表

2018年9月8日、代アニ LIVE BASE 西麻布にて内田珠鈴の3rdワンマンライブ「#shuri_one more」が開催。

めざましテレビ「イマドキガール」での活躍ほか、TV、CMでも注目の集まる女子高生シンガーソングライター内田珠鈴はプレデビューとして4月には1stプレデビューシングル『少しずつ』そして、9月4日には2ndプレデビューシングル『青の季節』をリリース。前回のワンマンライブ「#shuri_2nd」から、さらにワンモアということで今回の3rdワンマンライブが開催となった。

ライブはバンド編成となっており、メンバーの音をきっかけに、「みなさんこんばんは!よろしくお願いします!」と元気に内田が飛び出す。『夢に向かって』でフレッシュな歌声を聴かせると、続けて『青の季節』で、観客からも歓声。

「みんな盛り上がってるかー!」とさらにテンションを上げつつ、『つながり』からはMCへ。内田は「前回とは違う景色が見られて嬉しい。」といっぱいの観客を前に気持ちを話すと、同会場のセカンドワンマンでは会場を埋めることができなかったくやしさから、自ら再チャレンジを決意した経緯を語る。

客席を見渡し「最高の思い出にしたい。」との言葉から『まさか』で再びライブへと戻ると、初披露となるバラード『私の想いと君の幸せ』をじっくりと聴かせていく。

そのまま落ち着いた雰囲気に『メッセージ』をピアノの伴奏で、そして内田がアコースティックギターを手に、弾き語りで『花火』と続けていく。イントロのアルペジオも印象的な『空』で観客も聴き入ると、続いてはこの日、内田の前に同会場にてワンマンライブを行った2人組ガールズユニット「たまゆら」とのコラボで『少しずつ』。

3人の絶妙なハーモニーが会場を包むとラストは再びバンドメンバーも登場し、『私』で元気にエンディングを迎えた。

アンコールがかかるとTシャツ姿で再び内田がステージに登場。あらためて集まった観客に感謝を伝えながら、前回のワンマンライブを振り返りつつ、自分の気持ちの甘さにも気付いたことから今回のワンマンライブではしっかりと目標をもって挑んだことを話す。

「本当はこの日がくるのがすごくすごく不安だったんです。」と続けると、おもわず涙もあふれる。少しずつ成長できていることや、高校卒業時に日本武道館でのライブという本人いわく「大きすぎる夢」も語られると、そのステップとして12月21日に4thワンマンライブを渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催することも発表された。

すると、“大きな大きな壁”と語る内、内田はさらに感情と涙をあふれさせ、子供が泣いているような雰囲気に。最初はうなずくように聞いていた観客も、その姿に思わず笑いをこぼし、だんだんと見守りモードになっていく。

会場が優しいまなざしと暖かい拍手に包まれると、すこし落ち着きを取り戻した内田は「明日からも大きな壁に向かってぶつかっていきたいと思います。絶対ライブに遊びにきてください!」と笑顔を見せた。

想いの全てを伝えきり「これでがんばれる気がします。」と、ラストはバンドメンバーを呼び込み、力いっぱいの『卒業』。さらなる成長を予感させる希望あふれる姿で3rdワンマンライブを締めくくった。

■SET LIST
01. 夢に向かって
02. 青の季節
03. つながり

04. まさか
05. 私の想いと君の幸せ

06. メッセージ
07. 花火
08. 空
09. 少しずつ(弾き語り)
10. 私

EN1. 卒業

■内田珠鈴「青の季節」Music Video

■LIVE INFO
内田珠鈴4thワンマンライブ
日程:12月21日
場所:渋谷duo MUSIC EXCHANGE

■LINK
公式サイト:http://www.uchida-shuri.com/
公式Instagram:https://www.instagram.com/shuri_uchida/
公式Twitter:https://twitter.com/shuri_uchida