AIS、ラストライブもいつもの元気さで「All Idol Songs」!締めくくりは『こいしょ!!!』で大きくジャンプ

2018年9月24日、白金高輪 SELENE b2にて、アイドルグループ「AIS -All Idol Songs-(以下AIS)」によるワンマンライブ「AIS-Carnival(アイスカーニバル)vol.4 ~All Idol Songs~」が開催された。

AISは、アイドルファンの記憶に残り語り継がれる「21世紀以降のアイドルソング」を、現在、そして未来に歌い継いでいくアイドルとして2016年よりスタート。「TOKYO IDOL FESTIVAL」への出演や、念願だったAKIBAカルチャーズ劇場のソールドアウト達成など、その活動が認められていく中ではあったが、今年9月4日には今回のライブでの解散を発表する。

ラストライブには、多くのファンや関係者、アイドルが訪れ、まだまだあどけない表情と真っ白な衣装の彼女たち、橋本麗愛、関澤朋花、磯前星来、朝熊萌、島崎友莉亜、栗原舞優、徳久陽日の7人に暖かい拍手を贈った。

All Idol Songs

オープニング映像からメンバーが登場すると、歓声に迎えられ、まずは『GO MY WAY!!』。アニメファンである橋本麗愛プロデュース公演にて披露された「THE IDOLM@STER」シリーズの楽曲で幕を開けると、続く『Luvly,Merry-Go-Round』では元気な声で客席を煽る。

『キャプテンは君だ!』まで3曲を続けると、自己紹介のからは『ドキッ!こういうのが恋なの?』から再びライブとなり、さらに5曲を続ける。MCでは『こいしょ!!!』MV撮影にて「トンボを捕ったら1000円。」というスタッフの冗談に、メンバーが走り回ったというエピソードも話され、会場も笑い。

すでに解散した先輩グループであるアイドルネッサンスの『夏の決心』を歌い継いだ喜びや、Tomato n’ Pineの『ジングルガール上位時代』でのセリフ分けはスタッフが声を聴いて決定したことなどこぼれ話も出ると「どの曲にもたくさんの思い出があると思う、まるー!」と朝熊萌がまさにそのセリフ部分をもじりつつ、次の曲からは各メンバーをフィーチャーした楽曲のコーナーへ。

『愛のナースカーニバル』徳久陽日(中央)
『Love☆Raspberry Juice』栗原舞優(中央)
『Faraway』朝熊萌
『スイミング』橋本麗愛
『ナビが壊れた王子様(LOVE CHANCE)』磯前星来
『それだけなんだけど』関澤朋花(立ち中央)
『完璧ぐ~のね』島崎友莉亜(右)

曲中溢れる感情を抑えられない表情を見せていた関澤朋花は「『それだけなんだけど』は、毎回やるタイミングに意味があると思っていて、ラストに歌いたくてこの曲にしました。それだけなんだけど。」と曲名にかけて綺麗にまとめ、観客からは「やられた」といったようなどよめきと拍手。

ここからは後半ということで、アイドリング!!!『無条件☆幸福』から再びライブを続けていく。

1曲1曲、歌詞に想いをのせて届けられる歌声と、それに応えて盛り上がる観客。一体感に会場が包まれながら『Over The Future』や『お受験ロッケンロール』など激しいパフォーマンスも続き、この夏から披露しているAeLL.『Endless Summer』では、オープニングの一瞬の静寂から、一転してファンもタオルを振り最高潮を迎える。

NEXT PAGE:メンバー1人1人のメッセージ&ライブフォト