CONTENTS
最近、「電音部」が気になりすぎてます。アザブエリア・黒鉄たまちゃんに…(編)

tipToe.が2周年ワンマンライブでO-WESTソールドアウト!新衣装・新曲3曲披露で、また成長の物語を歩む

2018年12月27日、渋谷・TSUTAYA O-WESTにて、tipToe.が2周年記念となる4thワンマンライブ「The Curtain Rises」を開催。

tipToe.は「みんなで青春しませんか?」をコンセプトに、それぞれ活動開始タイミングの異なるメンバーが3年と定められた期間を活動する。メンバーは、花咲なつみ(はなさきなつみ)、都塚寧々(とつかねね)、三原海(みはらうみ)、椋本真叶(むくもとまなか)、日野あみ(ひのあみ)、成瀬ゆゆか(なるせゆゆか)の6人からなり、2018年は「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」といった大型フェスにも参加など、大きく注目を集めた年にもなった。

今回のワンマンライブはソールドアウトとグループの勢いを証明しつつ、ステージはバンドセットも用意され、物語のように紡がれる演出で観客を大きく引き込む。

開演は舞台のようにブザーが鳴ると、バンドメンバーが位置につき、赤暗い照明の中、メンバーが登場。パッと照明に照らされると、さわやかな青い新衣装に歓声が上がり、『特別じゃない私の物語』、『ビギナー』と始まる。

自己紹介から声援を受けると、三原が今回のワンマンライブについて「長いですよ。ぜひぜひ最後まで楽しんでいってください。」と話し、さらに『ひとりごと』と続けていく。

『ハッピーフレーバー』では日野が「二階席ー、ありがとう!」と観客を楽し気に煽ると、ピアノの穏やかな音に落ちる照明。すると一転、ハッピーなジャズの新曲『秘密』が披露される。

観客とも軽快なリズムに体を揺らすと、『クリームソーダのゆううつ』『ソーダーフロート気分』から、今度はピアノの音の中に雨も混ざり、一瞬のノイズから『Cider Aquarium』のイントロで大歓声。「・・・・・・・・・」とのスプリットシングル「Tokyo Sentimental.」収録の楽曲たちで一つの形を作ると、『僕たちは息をする』でさらに熱を高める。

すると夕暮のような光の中、踏切のサイレンなど、放課後の帰り道のような環境音にピアノが乗り印象的なシーン。さらなる新曲『茜』の焦燥感に駆られるようなサウンドが跳ね返り、『ハートビート』とさらにエモーショナルに展開する。

ここでメンバーがステージを降りると、アコースティックピアノの音が響き、そして沈黙の時間。観客もその世界観を守るように声を出さずに待つと、そこに都塚が本を手に登場し『砂糖の夜に』へ。暗がりの中でメンバーが踊りつつイメージを深めていくと、三原がソロのバレエダンス、そして幻想的につながる『blue moon.』へ。

すると、そこからさらに沈黙の時間から『ナイトウォーク』、そして、ここ一番のポップな『星降る夜、君とダンスを』で弾けるパフォーマンスを披露し、夜の楽曲に彩られたパートを終える。

ここでMCへ入ると、椋本が「新曲を2曲披露でした。がんばったんだよね。」とホッした様子で語り、新衣装の紹介など、日野と椋本とのやり取りに観客も和むと『かすみ草の花束を』から、激しいビートの3曲目の新曲『The Curtain Rises』と続く。気持ちの入ったパフォーマンスに、会場も熱にのまれるままエンディングを迎える。

ため息が出るような瞬間、大歓声に包まれるとアンコール。

再びメンバーが登場すると、少し落ち着いた様子で記念写真など撮りつつ、まずはお知らせということで「2月17日に大阪の梅田クワトロさんで5th ONEMAN が決まりました。」と椋本が発表。

それぞれの感想も語られると、成瀬は「ワンマンまで、あっという間だったんですけど、レッスンとか仲も深まったと思うし。2周年ということで、この6人でステージに立てる瞬間をもっともっと大切にこれから3年目もがんばっていきたいと思いました。」と話し、日野はこのワンマンの開催を告げられた時のことを思い出し、「時間はあると思っていたんですけど、気づいたら1か月前とかになっちゃって、本番も一瞬で終わっちゃいました。私とかメンバーとかここにいる人にしか共有できないものだから、すごい宝物だなと思います。」と語ると、「何言ってるか分かった?」と笑わせる。

椋本は「言うこと決めてたんだけど、恥ずかしくなっちゃった。」とまわりを見ると、「言っちゃえ」とメンバー。「私はすごくネガティブなんですけど、tipToe.があるからがんばろうって思えるんです。私は学校に行っても目立たないようなタイプなんですけど、そういう人でもこういうことができるんだよっていう前例になれたら。一人で泣いているような人の支えになるような音楽ができたらいいなと思うので、よかったらtipToe.の音楽を人生の支えにしてもらえたら嬉しいです。」と思いを告げる。

三原は気になっていたことということで、「ソールドアウトしましたか?」とプロデューサーに質問すると「しました。」の返事。「たくさん人が来てくれたことに驚いていて、みんなが友達に紹介をしてくれたりとか、私たちだけではこんなに人は集まってくれなかったと思ったんですよ。ファンの人たちに支えられてここまできたと思ってます。メンバー全員、本当にがんばってやってきて、それがみんなに伝わって楽しかったって帰ってくれたら、今日ワンマンをやった意味があると思います。」と笑顔を見せる。

都塚は感謝を伝えつつ「こんなにいっぱいいると思ってなくて。新曲3曲とかサプライズで…。今日はみなさん楽しんでいただけましたか?」と言うと会場からは拍手。「楽しかったって思ってくれるのが一番嬉しいです。3年目もよろしくお願いします。」と話すと、最後は花咲からの言葉。

「元々4人で始めたんですけど、その時は何もわからず本当にがむしゃらでした。そこからメンバーが加入したりして、tipToe.が一つになって。大きいフェスとか出させていただく機会も増えて、本当にみなさんの応援のおかげでできているのでほんとにほんとにみなさんありがとうございます!」と話すと、次第に涙があふれる。それをメンバーにからかわれつつ、「1番今までのライブで気合いいれてきたので、今日で2年間の成長を見てもらえたら嬉しいと思います。これからも成長していくので、一緒に歩んでくれると嬉しいです。」としめると、最後の1曲へ。

笑顔に包まれた2周年ライブは、『夢日和』でラストを飾り、観客も楽し気に体を揺らしつつ幕を下ろした。

■SET LIST
01. 特別じゃない私の物語
02. ビギナー
03. ひとりごと
04. ハッピーフレーバー
05. 秘密
06. クリームソーダのゆううつ
07. ソーダーフロート気分
08. Cider Aquarium
09. 僕たちは息をする
10. 茜
11. ハートビート
12. 砂糖の夜に
13. blue moon.
14. ナイトウォーク
15. 星降る夜、君とダンスを
16. かすみ草の花束を
17. The Curtain Rises

EN.1 夢日和

■LINK
▷tipToe. 公式サイト
▷tipToe. 公式Twitter
▷tipToe. 公式Youtube CH

■Gallery

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

もくじ
閉じる