CONTENTS
最近、「電音部」が気になりすぎてます。アザブエリア・黒鉄たまちゃんに…(編)

新グループ「Awww!」が配信にて初パフォーマンスを披露!はじめの一歩をレポート&個別インタビュー

2020年7月26日(日)「Awww!」がSHOWROOMにて無観客パフォーマンスを配信。

「Awww!」はアイドルグループ「はちみつロケット」として活躍していた森青葉(もりあおば)さん、公野舞華(きみのまいか)さん、播磨かな(はりまかな)さん(播磨怜奈から改名)の3名と、田中海凪(たなかみなぎ)さん、中山碧瞳(なかやまみみ)さんの2名からなる、6月20日結成の新ユニット。

「Awww!」とは「カワイイ!」「キュンとした!」など気持ちが反応した際に用いられるネットスラングで、そこにメンバー共通の想いとしてファン1人1人のアクションに100点満点のレスを届けたい・繋がっていきたいという気持ちがこめられています。

今回の配信にて、Awww!は初のパフォーマンス披露。メンバーは緊張の表情を交えながらも、より楽しみな様子でイベントに挑みました。

「Awww!」初パフォーマンス!

配信が始まるとさっそく初オリジナル曲『青春は短いらしい』を披露。疾走感のあるバンドサウンドで新グループの勢いを感じさせるようなパフォーマンスを見せていきます。田中海凪さんは人生初ステージながら堂々とセンターやソロパートを務め、視聴者にその姿を印象付けました。

田中海凪さん

MCでは「Awww!」のグループ名の説明などしながら、『青春は短いらしい』は田中海凪さん・中山碧瞳さんにとって人生初のオリジナル曲とのことで、「かっこいい曲」と2人は口を揃えます。初めてのレコーディングもおっかなびっくりで、ヘッドフォンから聞こえる自分の声が不思議だった様子。


ほかにも海凪さんの「好き!」というソロパートが注目ポイントといったことや、へそ出しの衣装についても紹介しました。

また、それぞれの目標については、日本武道館でのライブや音楽番組出演などと話される中、播磨さんは“巣鴨でも声をかけられること”ということで、碧瞳さんを相手にシミュレーション。相手役を務めた碧瞳さんはK-POPファンということで韓国でのライブの夢を語りました。

碧瞳さん(右)との写真撮影に応じる播磨さん(左)のシミュレーション

ライブの後半はもう一度『青春は短いらしい』を披露。最後の挨拶も終え、配信は終了となりましたが、SHOWROOMコメントは盛り上がり、まさかの配信ライブには珍しいアンコールへ。

この日、3回目となる『青春は短いらしい』をさらに元気にパフォーマンスすると、最後にはカメラの向こうのファンに、それこそAwww!に込められた気持ちである“100点満点のレス”を届けました。

Awww!は今後、8月20日に1stシングルを発売。8月6日には「GIGTAKAHASHI」、29日には「@JAM2020」に出演、そして9月20日には再び配信ライブを開催と、コロナウイルス対策など難しい現状ながら精力的に活動を行っていきます。

田中海凪(たなか みなぎ)インタビュー

──初ステージはいかがでしたか?

ダンスも歌も初めてなので、とっても緊張したんですけど、途中からは自分なりに踊れたのでよかったと思います。

──出演前はどんな気持ちでしたか?

ちゃんと出来るか心配で、何回も同じところを確認しました。

──「Awww!」の見どころは?

みんな明るいし、楽しくやっているのでそういうところを観て欲しいです。私は初めてで分からないこともあるんですけど、一生懸命がんばるので、応援よろしくお願いします!

中山碧瞳(なかやま みみ)インタビュー

──碧瞳さんはどういった性格ですか?

んー、明るい?騒がしいかな(笑)勉強は苦手ですけど、スポーツ全般得意です。

──K-POPのガールズグループ「BLACKPINK」が好きとのことですが。

リサさんが推しなんですよ!ほんとにスタイルが良くて顔がちっちゃくて、ダンスも上手くてラップも上手いって、もう完璧じゃないですか!?

──今回のライブはいかがでしたか?

緊張もしたんですけど、しっかりやれたと思います。楽しかったですし、お腹も空きました(笑)

──ステージは初めてですか?

はい!でもダンスの発表会などの経験はありますね。ダンスは大好きなので、家でも学校でも踊っています。

──それでは、これからの意気込みなどありますか?

がんばります!…だけだとダメですか?(笑)んー、写真うつりがよくなるようにがんばります(笑)

森青葉(もり あおば)インタビュー

──Awww!初ステージいかがでしたか?

楽しかったです!!

──(笑)これまでのグループとの違いはありますか?

自分が年上になったことがなかったので、これからはしっかりしなきゃと思います。今日はみみなぎ(碧瞳さん&海凪さん)を母親のように見守っていました。いや、私もまだまだフレッシュですが!

──始まったばかりですが、Awww!をどのように感じていますか?

アイドルすぎない感じかな?色んな方に響くような音楽を作っていきたいです。

──『青春は短いらしい』の初パフォーマンスについてはいかがでしたか?

海凪のソロから始まるんですけど、まだ成長中なところが観ていて心を揺さぶりますよね。タイトルを踏まえて、15歳の彼女の声が響くのが良いと思います。

──森さんのAwww!としての目標などありますか?

また、これまでとも違った新しいステージなどをたくさん見ていけたらいいなと思います!

播磨かな(はりま かな)インタビュー

──今回のパフォーマンスはいかがでしたか?

3回も『青春は短いらしい』を披露させていただきました!(拍手)いやー、なかなかないですよね?なかなかかなかなかな?(笑)なかなか、かなかな、播磨かな!という感じで。

──そのかぶせていく感じは新ギャグとして推しているんですか…?

でも、“かな”って使える場面が多くて、これはほんとにユースフルなんです。

──播磨玲奈から播磨かなに改名したのはどうしてですか?

今までの自分からなかなか抜け出せないと感じたので、自立の意味も込めて改名しました。芸名にしたかったという願望があったのは事実です。なので今、楽しいです(笑)

──それでは、生まれ変わっての初ステージでしたね。

そうですね…新しい姿を見せられたかな?播磨かな?という感じですねー(爆笑)

──Awww!はについてはいかがですか?

5人が初めて集まったのが6月20日の結成日だったんですけど、ぎこちない感じもなくて、スッと5人になれたんです。それで「この5人ならいける!」って思えました。それぞれ上に向かっていく気持ちの強さも共通点として感じて、これから色んなステージに向かっていける気がします。

公野舞華(きみの まいか)インタビュー

──本日のステージはいかがでしたか?

無観客のステージだったし、今は反応が気になります。SNSをチェックですね!

──Awww!での活動はどう感じますか?

みみなぎが面白すぎてほんとに楽しいです!話もけっこう合ってると思いますよ、私は(笑)

──Awww!について説明してもらえますか?

まだまだどういう形か分からないんですけど、話している姿や普段の姿は面白くて、パフォーマンスはカッコいい、みたいに切り替えを見せられたらいいですね。

──これまでとの違いなどはありますか?

んー、パフォーマンスのレベルアップを目指したいですね。

──Awww!のこれからについて一言お願いします。

まだ結成間もないですが、ファンの方と一緒に育っていけたらなと思います!

PHOTO

Awww!インフォメーション

2020.08.06 GIGTAKAHASHI ※オープニングアクト出演
2020.08.20 1st シングル発売
2020.08.29 @JAM2020 出演予定
2020.09.20 LIVE パフォーマンス配信予定

AWWW! オフィシャルホームページ
https://www.awww-web.jp/

文・写真:南部仁志

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

もくじ
閉じる