SHIBUYA109「MOG MOG STAND」のテイクアウト気になる…

本田望結&紗来姉妹がドレスで登場♪映画『エノーラ・ホームズの事件簿』オンラインイベントレポート

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixは、映画『エノーラ・ホームズの事件簿』を9月23日(水)より独占配信中。

本作は『ストレンジャー・シングス未知の世界』で世界的人気を獲得したミリー・ボビー・ブラウン主演/製作のミステリー・アドベンチャー。ミリーはシャーロック・ホームズの妹エノーラを演じ、シャーロックを『ジャスティス・リーグ』のスーパーマン役などのヘンリー・カヴィルが演じます。

配信開始と共に〈今日の総合TOP10〉入りし、SNSでも話題を集めるなど盛り上がりを見せる本作。9月28日(月)にはマスコミ限定のオンライントークイベントが実施されました。

もくじ

本田望結さん&本田紗来さんがクラシカルなドレスで登場

当日はスペシャルゲストとして、女優、フィギュアスケーターの本田望結さんと、フィギュアスケート選手の本田紗来さんの姉妹が登場。二人はエノーラをイメージした英国風のクラシカルで華麗なドレスに身を包み、普段のあどけない姿とは打って変わって、大人の気品を漂わせます。

ドレスを着た感想を、望結さんは、「正直に言うと、かなり重量感が(笑)こんなドレスを着るのは最初で最後かもしれないです!」とし、紗来さんは「お嬢様になった気分です(笑)」と、スケートの衣装とはまた違う衣装の可愛さを気に入った様子でした。

『エノーラ・ホームズの事件簿』は、2回見るとまた新しい発見

本作を見た感想について聞かれた望結さんは、「すごく面白かったです!最初1人で見てから、もう1回妹と見たんですが、2回見るとまた新しい発見がありました。あっという間に2時間経ってました!」と語り、紗来さんは、「最初から最後までハラハラドキドキで、あっという間の楽しい時間でした」と絶賛。

エノーラを演じるミリー・ボビー・ブラウンについて望結さんは、「同い年とはとても信じられないです。綺麗な大人の女性ですし。それと、こういうドレスを着てあんなにアクションをするなんて、撮影はどうやったんだろうと思いました。私ならこのドレスを着たまま走れないです(笑)」と感心した様子で、「特に列車から飛び降りるシーンが印象的でした、エノーラが変わるシーンだったので」と興奮気味にコメント。

そして紗来さんが「アクションもすごかったし、謎解きのシーンが面白かったです!」と語ると、「紗来が暗号を解こうとしてたんですけど、絶対解けへんから・・って思ってました(笑)」と二人とも本作を十分に楽しんだことを話します。

エノーラの魅力・共通点

またエノーラとの共通点について、望結さんは「お母さんが好き(笑)、エノーラの決断力はすごいなって思いました。私は優柔不断で決められないから、何かあるといつも紗来に聞いてます」と話し、紗来さんは、「望結よりは判断力があると思います(笑)」とコメント。

すると望結さんは「前に紗来の誕生日プレゼントを悩んで決められなくて、なぜか紗来本人に聞いてしまったんです」と告白します。紗来さんは「なんで聞くんやろう?って思いました(笑)気づいてなくてカワイイなって思いました(笑)」と望結さんの天然エピソードを明かしました。

続けてエノーラの魅力について聞かれると、紗来さんは「エノーラちゃんは逃げ道を作らないのでバシバシと前を向いて挑戦するので憧れます」とアスリートらしく分析。

また当日の衣装についてお母さんの反応を聞かれると、望結さんは「お母さんは、”一大イベントだね!”って言ってました。衣装合わせの時も着たんですけど、望結と紗来じゃないみたいって言ってました」、紗来さんは「こんなドレスを着るのは人生で今日しかないと思うので」と話すと、望結さんは「京都までこの格好でお母さんに会いに行きたいです!」と盛り上がります。

続けて、本作の展開同様に、「もし、ある日突然お母さんがいなくなったら?の質問には、「オニ電します!(笑)」と望結さんは答え、紗来さんは、「すぐ探します!二人で探します!」と即答、お母さんが大好きなほのぼのした一面を見せてくれました。

“本田家の事件簿”とは?

そしてイベントでは、”エノーラ・ホームズの事件簿”ならぬ、“本田家の事件簿”のコーナーへ。「映画のように、今まで大冒険だと思ったのは?」の質問に、望結さんは「スイス合宿です。紗来と2人で初めて飛行機に乗って行ったんですけど、トラブルで私たちだけ乗れなくなっちゃって置いていかれちゃったんです。英語で分かんなくて、2人だけで部屋に6時間くらいいて、なんとかWIFIがあったのでお母さんと連絡が取れたんですけどあの時はビックリしました。2年前くらいで中2と小5くらい」とかなりの大冒険エピソードを披露。

紗来さんは、「東京にあまり行ったことがなくて、スーツケースを持ってて歩くのが遅れちゃって、お姉ちゃんは慣れているのでスタスタ行ってしまい、見失って、”あー終わったな”って思いました(笑)」と回答。

また「エノーラ兄弟はケンカもしますが、本田姉妹の一番スゴかったケンカは?」の質問に、紗来さんは「お母さんの隣で寝れるのはどっちだでケンカ」と答え、望結さんは「一昨日もそれでケンカしました(笑)」と話し、「昔は着替えるスピードとかでも何でも競い合ってました。車のドアを閉めるのはどっちが早いかとか(笑)最近は全然ケンカしなくなりましたけど」と、小さい時からアスリートらしく常に競っていたことを明かしてくれました。

さらに「家族に隠している秘密は?」との質問には、望結さんが「ワンちゃんに隠れておやつをあげている」と回答し、「1日1回だけおやつを上げる決まりだったんですけど、私になついて欲しくて、こっそりおやつをあげていたんです。それを番組のアンケートに書いたら、まさかの妹もこっそりおやつをあげていると書いてて、聞いたら、家族みんなが自分が好かれたくてワンちゃんにおやつをあげていたことが判明しました(笑)」と驚きのエピソードを披露。これに「体重を測ったら、すごく増えていてビックリしました(笑)」と紗来さんは答え、本田家の楽しい秘密が明かされました。

一番探偵に向いているのは紗来

最後に二人に「エノーラは駆け出しの探偵ですが、姉妹の中で誰が一番探偵に向いているか?」と質問されると、望結さんは「紗来」、紗来さんは「私(わたし)」と回答、理由について聞かれると、望結さんは「紗来は、真凜お姉ちゃんよりもしっかりしている」と説明し、紗来さんは「望結が探偵をやったら全部違うほうへいっちゃうと思う」と答え、一番探偵に向いているのは、紗来さんで姉妹共通で一致しました。

さらに姉の真凜さんとのエピソードを聞かれると、紗来さんは「ちっちゃい頃に真凜おねえちゃんが料理を作ってくれてて、人参を買ってきてと頼まれたので、近くのスーパーにすごく緊張しながら行って、3本人参を買ってきたら、2本で良かったのに・・と言われました。でも結局その料理に人参は使われてなくて(笑)それが”初めてのお使い”でした(笑)」と微笑ましい面白エピソードを話しました。

イベントのラストでは、本作について望結さんは「本当に面白くて一言では表せないです。何度見ても面白いし、何度見ても新しい発見があります!ぜひおうち時間で見てください!」と語り、紗来さんは「すごく楽しい映画で、家族で見ても、お友達と見てもたのしいです!ぜひ見てください!」とメッセージを語り、フォトセッションでは、お二人それぞれの思う“探偵ポーズ”を求められ、フィギュアスケーターだけに美しくしなやかなポーズを披露。オンラインイベントながら、画面上にまで届くほどの可愛らしさを見せてくれた本イベントは盛り上がりの中、無事終了しました。

Netflix 映画『エノーラ・ホームズの事件簿』独占配信中

【STORY】
舞台は 1884 年のイギリス。エノーラ・ホームズ(ミリー・ボビー・ブラウン)が 16 歳の誕生日を迎えた朝、目を覚ますと母ユードリア(ヘレナ・ボナム=カーター)が謎めいた暗号を残し行方不明に。失踪をきっかけに、別々に暮らしていた兄のシャーロック(ヘンリー・カヴィル)とマイクロフト(サム・クラフリン)と久々に再会、やむなく兄達に面倒をみられる事になりますが、自由奔放な彼女は兄たちに従わず、母親を探すため 1 人ロンドンへ!旅の途中、思いがけず貴族テュークスベリー(ルイス・パートリッジ)の失踪事件に関わったことをきっかけに、世界の歴史を覆しかねないほどの恐ろしい陰謀と巨大な謎へと巻き込まれていきます。エノーラは兄譲りの天才的推理力を発揮し、名探偵の仲間入りを果たすことはできるのか?そして消えた母親の行方は…!?

監督:ハリー・ブラッドビア
製作:メアリー・ペアレント、ミリー・ボビー・ブラウン、ペイジ・ブラウン、アレックス・ガルシア、アリ・メンデス
キャスト:ミリー・ボビー・ブラウン、ヘンリー・カヴィル、サム・クラフリン、ヘレナ・ボナム=カーター、ルイス・パートリッジ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる