もくじ

宇垣美里&銀シャリもDEATH丼食べて幸せいっぱい!「死ぬほどうまいぜ。DEATH丼誕生記念発表会」レポート

10月27日(水)、都内にてお笑い芸人の銀シャリ鰻・橋本と、フリーアナウンサーの宇垣美里が「死ぬほどうまいぜ。DEATH丼誕生記念発表会」に登場。

「死ぬほどうまいぜ。DEATH丼」とは、日本の美味しいお米をお腹いっぱいに食べてほしいという想いからJA全農が生み出した“NO LIMITなどんぶり”。

公式DEATH丼として、『尿酸値に降り注ぐ 卵の流星群!最狂・卵かけのDEATH丼』『とろけて無限昇天!超厚切り豚バラ肉と半熟卵のDEATH丼』『CAN’T STOP RICE!うなダレ滴る二色うなぎのDEATH丼』が発表会にて登場し、3人もそのボリューム感に嬉しさと驚きの表情を浮かべました。

「死ぬほどうまいぜ。DEATH丼誕生記念発表会」レポート

「今日も朝ごはんにお米を食べてきたので」とお米が大好きな宇垣は、今回のDEATH丼がとても楽しみな様子。3人は白米を意識したという衣装で、会場に笑顔を届けます。

お気に入りのごはんのお供についても盛り上がり、銀シャリ鰻はこだわりの鮭フレーク、そして宇垣がいくらの醬油漬けでごはんがすすむことを話すと、銀シャリ橋本からは「まさに“いくら”でも食べられる」とダジャレも飛び出しました。

いよいよの公式DEATH丼の試食では3人とも、思わず笑顔が止まらない様子。宇垣は「魚卵が大好きなので、どうしましょう!」と『尿酸値に降り注ぐ 卵の流星群!最狂・卵かけのDEATH丼』を目の前にうっとりした表情を見せます。

DEATH丼を目の前にうっとり
圧倒的存在感にたまらない様子
DEATH丼のお味に目も細くなります

3種類のどれを口に運んでも目を細め幸せそうな3人。後半は、宇垣のステキなお茶碗をゲットすると、よりごはんがすすむなど、お米の消費拡大への提案もされると、発表会は終了となりました。

公式DEATH丼は、新米を含め、JA全農が運営する産地直送通販サイト「JAタウン」で掲載されている商品で作成。これらの食材は「JAタウン」内のDEATH丼 購入ページで購入する事が可能(レシピやお得なクーポンも)となっており、また、JA全農は今後もTwitterを中心に、新しい公式DEATH丼を公開していく予定とのこと。

死ぬほどうまいぜ。DEATH丼 特設ページ:
https://dodontodonburi.com/deathdon/
死ぬほどうまいぜ。DEATH丼 購入ページ(JAタウン内):
https://www.ja-town.com/shop/e/edeathdon/
全農広報部 食農応援Twitterアカウント:
https://twitter.com/shokuikuzennoh

今回登場の公式DEATH丼

また、下記店舗ではオリジナルのDEATH丼も提供。この機会にぜひチェック!

<DEATH丼 発売店一覧> ※五十音順
・炙りや 秀苑 天 新橋店(東京都港区新橋3-14-5 STEC3ビル5F)
・神田 ど丼がぁドン(東京都千代田区内神田1-5-7 村瀬ビル1F)
・魚と酒 はなたれ 新橋店(東京都港区新橋3-21-2 江藤ビル1F)
・新橋十番 2丁目店(東京都港区新橋2丁目15−12)
・ミートバル 肉たらし(東京都渋谷区代々木1丁目34−3 第17 菊地ビル1F)

▶蜜柑通信のレポート記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる