【TIF2018 / REPORT!】松岡はな・村川緋杏・荒巻美咲らHKT48の若年メンバーが最高の灼熱ステージ!

LIVE REPORT

2018年8月3日から5日まで、お台場・青海周辺で国内最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」(以下TIF2018)が開催され、5日にはDREAM STAGEに「HKT48」が登場。

今回のこのステージのメンバーは、秋吉優花、荒巻美咲、今村麻莉愛、堺萌香、坂本愛玲菜、清水梨央、武田智加、田中菜津美、地頭江音々、月足天音、外薗葉月、松岡はな、松本日向、宮﨑想乃、村川緋杏、山内祐奈の16名。

開始前には超満員に灼熱のステージということでスタッフも体調管理についてなど呼びかけつつも、OVERTUREが流れると、たちまち歓声が起こり会場はさらにヒートアップ。

ズラっとメンバーが登場し、1曲目の『早送りカレンダー』からフルスロットルなパフォーマンスで盛り上げていくと、HKT48の持ち味である明るい元気さが松岡はなを中心に爆発的に展開され、笑顔のステージに会場も喜びに沸いていく。

勢いのまま、松岡の「盛り上がるぞーー!!」の声で、『桜、みんなで食べた』を披露し、MCでは「HKT48の中でも比較的若い16人。」と今回のメンバーの紹介も。さらに『スキ!スキ!スキップ!』『大人列車』『最高かよ』とHKT48の名曲たちがフレッシュにパフォーマンスされると、熱の高まる会場は気合と気合のぶつかりあいへ。

村川緋杏の絶叫も響き渡り、「次の曲が最後になってしまいます!最後に1曲、もう1回熱くさせちゃうんですけどいいですか??」と続け、観客も最後の気合で大歓声。

フラフラの松岡が「けっこうなめてました。すごく暑い、ヤバい。」と苦笑しつつ、再び村川の大きな煽りが響き渡ると、ここ1番の盛り上げソングの『メロンジュース』を叩き込む。

夏フェスにふさわしい、まぶしく元気すぎるパフォーマンスは、楽しさで駆け抜けた笑顔全開のステージとなった。

■LINK
HKT48 OFFICIAL SITE:http://www.hkt48.jp/
HKT48 OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/hkt48_official_