渋みと旨味の「タニタ食堂®監修のデザート ほうじ茶プリン」9月4日(火)より全国にて新発売

森永乳業株式会社は株式会社タニタとコラボレーションしたデザート「タニタ食堂®監修のデザート ほうじ茶プリン」を9月4日(火)より、全国にて発売。

「タニタ食堂®監修のデザート」シリーズは、2011年3月より販売されており、“おいしさ”と“満足感”、また、カロリーを抑えていることで支持されている。
 
新商品「タニタ食堂®監修のデザート ほうじ茶プリン」は、渋みと旨味に加えてクリーミーな味わいを楽しめるほうじ茶プリンに、香ばしい香りのほうじ茶ソースを組み合わせたデザート。ソースの隠し味に鳴門の焼き塩を使用しており、焼いた塩の香ばしさとほのかな塩味がほうじ茶プリンのコクを引き立てている。

■「タニタ食堂®監修のデザート」ウェブサイト
http://www.morinagamilk.co.jp/products/brand/tanita/