mini通信:たけやま3.5が「西宇和みかん ひろめ隊」に

「スーパーカップSweet’s」シリーズより「マンゴー杏仁」が新登場!台湾を感じる上品な酸味と甘さの試食会レポート

「明治 エッセル スーパーカップSweet’s」シリーズより、「明治 エッセル スーパーカップSweet’s マンゴー杏仁」が、2019年6月10日(月)より全国で発売開始。6月3日には試食会も行われ、「How to Taiwan」編集長の田中伶さん、コンビニアイス評論家のアイスマン福留さんも登場して、トークショーも行われました。

「明治 エッセル スーパーカップSweet’s マンゴー杏仁」は、「マンゴー果肉入りソース」「杏仁豆腐味アイス」「パッションフルーツソース」「マンゴー風味アイス」の4層でできているのが特徴。酸味や甘味のほか、食感もさまざまで、最後まで飽きのこない商品となっています。

試食会では、台湾では定番のマンゴー味と杏仁豆腐味を表現した商品ということで、台湾のお茶である凍頂烏龍茶も一緒にいただきました。

まずカップを開けて出会うのはオレンジの夏らしさ。一口食べると、マンゴー果肉入りソースの程よい酸味と、杏仁豆腐味アイスのまったりとした甘さが口の中でほどけます。予想以上にシャリシャリ感のあるパッションフルーツの層が食感とともに、しっかり全体を引き締めており、そのリズム感がまた楽しい気分にもさせてくれました。

「杏仁豆腐味アイス」の、強すぎないほんのりフレーバーが素晴らしいバランスを実現しているのかも。

また、遠慮なくスプーンを縦に、4層を一気にいただくと、それぞれの層が邪魔せず協力しあった味わいに思わずにっこり。終盤に出会う一番下層の「マンゴー風味アイス」は主張も柔らかく、しっとりとした味わいで、気分を落ち着けるように贅沢気分のまま食べ終わりを迎えることができました。

試食会でいただいた凍頂烏龍茶のスッキリとした苦味は、味の切り替えを作る良いアイディアで、お茶+「マンゴー杏仁」のコンビネーションはほかに色々試しても面白そう。

スイーツのスペシャリスト、スイーツコンシェルジュ100名を対象とした調査では99%が美味しいと評価しているとのことで、お墨付きの「マンゴー杏仁」。この夏は多層感で多幸感いっぱいのひとときを。

■明治 エッセル スーパーカップSweet’s マンゴー杏仁
種類別:ラクトアイス
メーカー希望小売価格:220円(税別)/238円(税込)
内容量:172ml
発売日/発売地区:2019年6月10日/全国
成分組成:無脂乳固形分:5.0%、植物性脂肪分:6.5%、卵黄脂肪分:0.1%
栄養成分表示:エネルギー 243kcal、たんぱく質2.8g、脂質10.2g、炭水化物35.0g、食塩相当量 0.23g