mini通信:バーガーキング®「大塚駅南口店」「ビバモール東松山店」が開店

『雪見だいくふうCafe試食会』レポート!“雪見だいくふう”優秀作品3品が味わえるカフェが1日限定で登場

株式会社ロッテは、「雪見だいふく」に“ひとくふう”加えた「雪見だいふく」の「新しい味」のアイデアを募集するキャンペーン『雪見だいくふうキャンペーン』を2019年9月3日(火)から11月29日(金)まで実施し、多数の『雪見だいくふう』の中から厳正な審査を経て、優秀作品賞3品を決定。

この優秀作品を実際に提供する『雪見だいくふうCafe』が2019年12月21日(土) の1日限定でSHARE GREEN MINAMI AOYAMAにてオープン!

乃木坂駅からほど近い場所にある穏やかな場所でいただけるのは、『ガストリック雪見だいふく』『雪見フレンチトースト』『和ふぉがーと』の3種。どれも独特ながら、ピタリとハマるさすがの優秀作品で、雪見だいふくの新しい可能性を開いています。

前日には『雪見だいくふうCafe試食会』も開催され、MIKAN編集部もこちらにお邪魔しました。

『雪見だいくふうCafe試食会』レポート!

自由に使える撮影用のプロップスも

まず、一口いただいて気に入ったのは『和ふぉがーど』。ハート型のくりぬきがひと手間の可愛らしさで、あずきが和スイーツ色を濃くしていきます。さらにコーヒーを注ぐことで、ハートもかわいく浮かび上がると、苦味が後味をひきしめ。一方、『ガストリック雪見だいふく』は洋のスイーツで雪見だいふくの新しい姿を見せていました。

『和ふぉがーど』

『ガストリック雪見だいふく』

最後にいただいた『雪見フレンチトースト』はカリカリベーコンの塩味が雪見だいふくと意外なコンビネーションで、またふりかけられたブラックペッパー・粉チーズがユニークな一品。今回はちょうど良いバランスでの提供でしたが、朝ごはんのトースト&ベーコンに付けたし雪見でリアレンジを試してみてもいいかも?

『雪見フレンチトースト』

味が違うので3つペロっといけちゃうこちらは、各100円(税込み)と良心的な価格となっておち、3品食べてお気に入りを見つけて帰るのにオススメです!

雪見だいくふうCafe

日時:2019年12月21日(土) 11:00~19:00 予定
※完売次第終了。
場所:SHARE GREEN MINAMI AOYAMA(東京都港区南青山 1-12-32)
メニュー:上記優秀作品、各100円(税込み)

<関連記事>

「雪見だいふく」を“だいくふう”!応募優秀作品が食べられる『雪見だいくふうCafe』が1日限定オープン