mini通信:バーガーキング®「大塚駅南口店」「ビバモール東松山店」が開店

モスバーガーがコスチュームを5年ぶりに変更!日本伝統の市松模様を採用など着やすいデザインへ

モスバーガーでは、2020年4月1日(水)より、モスバーガーの店舗で着用するコスチューム(制服)を5年ぶりに変更。

新しいコスチュームは、『Challenge!〜一歩踏み出す勇気が輝く自分をつくる』をスローガンに、「さわやかで清々しい清潔感」や「自信・誇り・憧れ」などを感じていただけるデザインに。種類は「キャストコスチューム」と、店長や副店長、マネージャーが着用する「マネージャーコスチューム」の2種類があります。

新コスチュームについて

マネージャーコスチューム

キャストコスチューム

<デザインについて>
日本生まれのハンバーガーチェーンとしての誇りを表現するため、ポロシャツには日本の伝統的なデザインである市松模様を採用しました。“多様性”を尊重するため、性別や年齢、国籍に関係なくどなたにも着やすいデザインにしました。特にサロン(エプロン)には、幅広い年齢の方に親しまれているデニム風の生地を使用しました。サロンやスラックスのシルエットもすっきりと見えるように工夫しています。

また、ポイントとなる部分にはモスバーガーの看板の色に合わせて、キャストは「赤」・マネージャーは「緑」のアクセントカラーを加えています。今回、よりスタイリッシュな印象となるように以前のベレー帽スタイルからワークキャップタイプに変更し、顔が明るく見えるよう、つばの内側にもアクセントカラー(キャストは赤、マネージャーは緑)を配色しました。

<機能性について>
【ポロシャツ】
・体にフィットし、軽い着心地と動きやすさを目指しハイストレッチ素材(ポリエステル100%)を採用。
・風通しがよく着脱のしやすいポロシャツタイプ。

【サロン(エプロン)】
・油汚れが落ちやすい加工。
・耐久性・速乾性・ノンアイロンなど機能性に優れた生地。

【スラックス】
・ウエスト部はひもで簡単に調節可能。
・ベルトループがついているため、お好みでベルトも使用可能。
・屈伸する際の動きにもフィットするよう伸縮性を向上。
・裾の長さも微調整が可能。
・股下長めのトールサイズも用意。

【帽子】
・アジャスターをつけ、お好みのフィット感に調整可能。
・夏場の蒸れ対策として帽子の後方部分をメッシュ素材に。

※シューズは既存のものから変更はありません。

モスフードサービスでは、「おいしさ、安全、健康」という考え方を大切にした商品を「真心と笑顔のサービス」とともに提供することに一貫して取り組んでいます。創業以来守り続けるアフターオーダー方式や、日本の食文化を大切にした商品開発などを通じ、今後も経営ビジョンである「食を通じて人を幸せにすること」を実践していきます。

■導入概要
導入日:2020年4月1日(水)
導入店舗:全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)