mini通信:バーガーキング®「大塚駅南口店」「ビバモール東松山店」が開店

モズバーガーで環境と身体に優しいバーガーが登場!「グリーンバーガー」が東京及び神奈川の計9店舗にて販売開始

モスバーガーでは、原材料に動物性食材を使わず、野菜と穀物を主原料に使ったハンバーガー「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER <グリーンバーガー>」を、2020年3月26日(木)より、東京ならびに神奈川の計9店舗にて販売。まずは9店舗で先行発売し、ユーザーの反応などから5月ごろを目途に全国での販売を目指します。

「グリーンバーガー」は原材料に動物由来の原材料(肉、魚、卵、乳製品など)と、臭いの強い五葷(ごくん)を使用しないハンバーガーとして、今回新たに開発したパティにトマトベースのソースを合わせ、グリーンリーフや細切りレタス、トマトといった野菜と一緒にグリーンバンズで挟まれています。

パティは大豆由来の植物性たんぱくをベースに、こんにゃくやキャベツを加えた、食べ応えのあるオリジナルパティ。ほうれん草ピューレーを練りこんだ緑色のバンズは、ふんわりとした食感とほんのりとした野菜の甘味が感じられます。

にんじんやゴボウで食感を出したトマトのソースは、数種類のハーブを加えることで、奥行きのある味わいに仕上げられています。

※仏教などで食を禁じられている臭いの強い5種の野菜(ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、玉ねぎ)。

■新商品概要

商品名・価格:「グリーンバーガー」(538円+税)
販売開始日:2020年3月26日(木)
販売店舗:東京ならびに神奈川の計9店舗

<東京>
モスバーガー大崎店(10:30以降販売)、モスバーガー六本木店、モスバーガー秋葉原末広町店、モスカフェ表参道店、モスカフェ西銀座店、モスカフェ阪急大井町店、モスカフェ銀座ナイン店(4/1より販売開始)、モスカフェ羽田空港国際線ターミナルビル店※4/1より店名を「モスカフェ羽田空港第3ターミナル店」へ変更予定。

<神奈川>
モスカフェ江ノ島店

※注意事項
・本品製造工場では動物性食材を含む製品を生産しています。
・店舗では、動物性食材と調理機器を共有しています。
・一部副原料に野菜・穀物以外の原料を使用しています。
・低アレルゲンメニューではありません。
・コンタミネーションの詳細は公式サイトなどのアレルギー情報をご確認ください。