今年もケンタッキーが鎧・兜姿の「武者カーネル」を店頭展示!地域においしさとしあわせを。

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(以下:日本 KFC)は、2020年5月に店舗活動の一環としてケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)の店頭に「武者カーネル」を制作・展示しました。

KFC では、1984 年から続く毎年恒例の店舗活動として、こどもの日を中心に店頭のカーネル立像を鎧・兜姿にする「武者カーネル」を展開(本年の展示は終了しています)。テーマは店舗でアイデアを出しあって決めており、テーマを考えるのも店舗従業員の楽しみのひとつになっています。

武者カーネル_那珂川店
武者カーネル_宇都宮アピタ店
武者カーネル_福知山店

地域の武将をモチーフにする店舗が多く、本年は大河ドラマで注目を集めている明智光秀をイメージした作品が多く見られました。

政府が発表した緊急事態宣言下にあった本年は、約 30 店舗で展示。日々変化する時世の中、「少しでもお客さまに喜んでもらいたい」「通りかかった近隣の方にホッとしてもらいたい」という想いから、各店舗が安全を確保しながら制作にあたりました。

武者カーネル一覧

KFC の創業者であるカーネル・サンダースの言葉に「近隣のお客さまは家族」というものがあり、この想いは今も引き継がれております。