もう少ししたら「TIFオンライン2020」!この気温で野外ならいいよなぁと思う今日このごろ。

「和歌山のたねなし柿」で秋バテ予防!「beauty & health KAKI RESCUE」がスタート

“秋バテ”とは、夏の暑さが和らぎ、秋を迎えた頃に現れる症状で、1日の気温の寒暖の差による自律神経の変調が起こす食欲不振、倦怠感、睡眠不足、肩こりなどの症状であると言われています。

古くから、「柿が赤くなれば、医者は青くなる」と言われ、夏を越えて秋を迎える頃に、果実が成熟し喫食が可能になることから、柿は夏の暑さにバテた体にタイミングよく栄養を供給できる果物として認識されてきました。2020年7月には日本スーパーフード協会からもジャパニーズスーパーフードとして認定されるなど、その栄養価の高さはますます評価されています。

柿の生産量日本一を誇るJAグループ和歌山/柿消費拡大対策事業協議会では、「beauty & health KAKI RESCUE」として、秋バテ予防を訴求すべく店頭などでプロモーションを実施。これからの季節に起こり得る“秋バテ”にならないよう、栄養豊富でおいしい「和歌山のたねなし柿」に注目です。

■beauty & health KAKI RESCUE概要
開始時期 : 2020年9月15日(火)~
販売地域 : 全国のスーパーマーケット、小売店ほか(一部店舗を除く)
特設サイト: http://kakine-chan.com/rescue/

和歌山の「たねなし柿」について

甘くてまろやかな口当たりが人気のたねなし柿。果形は四角張った扁平で、全国で最も多く栽培されている品種です。中でも10~15日程度早く熟す「刀根早生柿(とねわせがき)」は、たねなし柿の早生品種で生産量が一番多い品種です。それよりもさらに早く熟し、露地栽培の中で一番早い時期に出荷される極早生品種を「中谷早生柿 (なかたにわせがき)」といい、9月上旬から出荷が始まります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!