Juice=Juice、スカパー!『新世紀ミュージック』収録後インタビュー!後半は金澤さん、高木さん、宮本さん、植村さんが登場

スカパー! は、隔週月曜日午後10時よりハマ・オカモト(OKAMOTO’S)さん、松岡茉優さんがMCを務める、音楽番組『新世紀ミュージック』をBSスカパー! にてレギュラー放送中。3月30日より放送の第12回目のゲストにはハロー!プロジェクトからJuice=Juiceが登場します。

Juice=Juiceは、2019年6月に工藤由愛さん・松永里愛さんという新メンバーを迎える中、宮崎由加さんが卒業。先日、2020年2月には宮本佳林さんも6月をもって卒業することが発表され、大きな話題となりました。

今回の『新世紀ミュージック』ではそんな新メンバーと宮本佳林さんをフィーチャーしつつ、4月1日リリースの13thシングル「ポップミュージック/好きって言ってよ」から『ポップミュージック』、そして宮本さん選曲の『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』といった楽曲を披露。

こちらでは、金澤朋子さん、高木紗友希さん、宮本佳林さん、植村あかりさん4人と、段原瑠々さん、稲場愛香さん、工藤由愛さん、松永里愛さんの2組に分けてインタビューをさせていただきました。

今回の金澤朋子さん、高木紗友希さん、宮本佳林さん、植村あかりさんの4人には、卒業を控えた宮本さんへのコーナーについてなど感想をおうかがいしました。

前半はこちら
https://mikan-incomplete.com/girls/64661

左から:金澤朋子さん、高木紗友希さん、宮本佳林さん、植村あかりさん

──本日のトーク収録では宮本さんの卒業についてもお話しましたが、それについて感想などありますか?

金澤:宮本が卒業発表をして私たちもブログなどで書いていたりはしたんですが、自分で口から話しているとまた卒業を実感しました。でも不思議な気持ちもまだまだあって、スカパー!さんには何度も来させていただているんですが、次に来る時は宮本がいないJuice=Juiceなのかと思うとさみしさもありますね。宮本はソロ活動もあるし、6月まではお互いを高めあっていければと思います。

──高木さんは番組内では、不安もあるとお話していました。

高木:やっぱり佳林ちゃんの存在は大きいので、これから新しいJuice=Juiceにしていかなければいけないという心配もあります。今のうちに佳林ちゃんの良い部分を受け取っていければいいですし、新メンバーの成長にも安心せずに自分たちももっと成長していきたいと思います。

植村:佳林ちゃんとは年齢が同じで、近いところにいてくれたんだなと最近すごく感じています。でも、卒業しても関係性は変わらないので、お互いがんばろうという感じです。

──宮本さんはご自身がメインの収録はいかがでしたか?

宮本:新メンバーもいるのに申し訳ないなと思っていました(笑)でもさみしいとか集大成を作ろうとかではなく、これからもよりよいJuice=Juiceになっていきたいし、卒業した後もお互い素敵な環境でライブができたらいいねという気持ちです。卒業はターニングポイントですし、応援してくださってるみなさんにも大きいことだと思いますので、そういう気持ちも大事にしていきたいと思います。

──宮本さんの卒業後についてですが、発表されているDIYでの活動など、どういう形になるんでしょうか?

宮本:具体的にコレ、というものはまだないんですけど、卒業を決めていく段階で人生をどう生きていくのかというところまでまでお話をさせていただきました。その中で自分のライフスタイルを極めていきたいというのが念頭にあって、DIYにも元々興味があったので、そういった勉強も含めてライブなどとも両立していきたいと思っています。

──DIYについては具体的にどういった形のものになりますか?

宮本:私は不器用なんですけど、何かを作ったりするのは好きなんです。そんな私のような方でもできる色んなことを発信していきたいですね。

──インテリアの装飾などですか?

宮本:インテリアとか、生活に付随するものですね。自分で作れるものや、それを可愛くしたりすることを研究したいです。

──メンバーのみなさんはそのことや卒業についてはいかがですか?

高木:DIY自体は聞いてはいなかったので「え??」と思いました(笑)でも、音楽については続けてくれるということなので、それは嬉しいですし、両方楽しんで欲しいと思っています。

──それでは、番組ではメンバーのみなさんが宮本さんのベストステージを挙げるコーナーもありましたが、ここにいるみなさん自身のベスト、また思い出に残ったステージはありますか?宮本さんもご自身で思い浮かぶステージは?

宮本:ありますね。金澤が『GIRLS BE AMBITIOUS』で自分のパートを歌い忘れた時があったんです。その瞬間にみんなで金澤の代わりに(歌詞に合わせて)色気担当に立候補して、すごく楽しかったです。

金澤:覚えてます(笑)私はハプニングに弱くて、いきなり頭が真っ白になっちゃうタイプなんですよ。歌位置まで走ってはみたんですけど、歌詞が何も出てこなくなって、メンバーに助けてもらいました(笑)

高木:私は『FULL CHORUS』(BSスカパー!)で行ったライブイベントに出演した時で、大好きなコブクロさんのサポートメンバーのラムジー(坂井秀彰)さんがいらっしゃったんですよ。その日は嬉しくてまた違う緊張感もありつつ、パフォーマンスの最後にラムジーさんから拍手をいただいて天にも昇るような気持ちでした(笑)

──金澤さん、植村さんはいかがですか?

金澤:私は初めてやらせてもらったソロライブの千秋楽なんですけど、最後の挨拶でお辞儀で顔を上げた瞬間に客席のみなさんがスタンディングオベーションで拍手をしてくれたことです。涙が止まらなくなって、自分が予期せぬことが起こった時に、人って心が動かされるんだなって。最後の最後で逆にみなさんからいただいてしまったので、次回のソロライブでは私がみなさんにお伝えできたらと思っています。

植村:私は宮崎由加ちゃんの卒業公演で『続いていくSTORY』を歌っている時なんですけど、泣いてしまう自信があったので、宮崎由加ちゃんと目を合わせるか迷ったんです。でも泣かないと決めていたので、そのまま2人で歌い切ったのが思い出ですね。

──今回の収録で歌われた内の1曲、『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』は宮本さんの選曲です。

宮本:この曲は2つバージョンがあるんですが、今回はオリジナルバージョンということで、「どっちだっけ?」なんて言いながら楽しんで歌うことができました。この楽曲で色んな方にJuice=Juiceを知ってもらったので、『新世紀ミュージック』でまた好きになってもらったらいいなと思って選びました。

──それでは最後はリーダーである金澤さんに番組の見どころなど、お願いうかがいできますか?

金澤:Juice=Juiceはこれまでも体制を変化させつつ、進化できるようがんばってきたグループです。今回は宮本佳林の卒業を控えた中での番組出演で、佳林のベストステージを振り返ったりもできて、自分たちも思い出が蘇ってきました。楽曲も2曲パフォーマンスさせていただいて新曲も、歌い慣れた曲も楽しんでいただけたら嬉しいです。

***

Juice=Juiceがゲスト出演する『新世紀ミュージック』第12回目は3月30日放送。トーク、歌と盛り上がった回をぜひチェック!

■放送情報
※放送日時は変更になる場合がございます。

タイトル :新世紀ミュージック
放送日時:3月30日(月)後10時~
※隔週月曜日 午後10時放送
出演:ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、松岡茉優
ゲスト:Juice=Juice
チャンネル:BS スカパー!(BS241/プレミアムサービス 579)・スカパー! オンデマンド
視聴方法:スカパー! のチャンネル、またはパック・セット等のご契約者は無料でご視聴いただけます。

番組HP
https://www.bs-sptv.com/shinseiki-music/