明けましておめでとうございます!本年も「蜜柑通信」よろしくお願いいたします!!

=LOVE「青春“サブリミナル”」新曲発表会!永野がラッセン8回で激励など笑顔の会見をレポート♪

2020年12月1日、都内にて指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)の8thシングル「青春“サブリミナル”」新曲発表会が開催。11月25日にリリースされた当シングルは、12月1日発表の「オリコン週間シングルランキング」では1位に初登場に。

発表会では、=LOVEメンバー12名の大谷映美里さん・大場花菜さん・音嶋莉沙さん・齋藤樹愛羅さん・齊藤なぎささん・佐竹のん乃さん・佐々木舞香さん・高松瞳さん(※「高」は正式にははしごだか)・瀧脇笙古さん・野口衣織さん・諸橋沙夏さん・山本杏奈さんに加え、お笑い芸人の永野さんも登場し、にぎやかな発表会となりました。

囲み取材レポートはこちら!「=LOVE「青春“サブリミナル”」新曲発表会・囲み取材レポート♪シングルの感想や2020年についてコメント」

もくじ

「青春“サブリミナル”」新曲発表会:レポート

ステージにメンバーが揃うとスペシャルゲストの永野さんも登場。さっそく「ミュージックスタート!」と“ゴッホより普通にラッセンが好きー!”とお馴染みのラッセンネタで会場を盛り上げます。

MCから「青春“サブリミナル”」の青と永野さんの衣装の青をかけてのゲストとの説明もあると=LOVEメンバーにラッセンネタのレクチャー。頭を地面にぶつけるくらいの感じ、命がけの感じ、ニヤニヤしながらなど解説を受けたメンバーが楽しそうに全力で披露してみると「小倉の営業より盛り上がった」と永野さんも驚きます。

頭を地面にぶつけるくらいの感じ

ネタの習得からは「青春“サブリミナル”」のタイトルにかけて青春時代の思い出トーク。永野さんから「お金持ちの友達から500円をもらって50円のゲーム(アーケードゲーム機)をただやっていたという、生産性の無い青春時代でしたね。」と語ると、淀んだ空気を打ち破るように「ミュージックスタート!」とラッセンネタにすべりこみます。

「(話す内容も)全部とんでっちゃった!(笑)」とメンバーが笑いつつ、諸橋沙夏さんが永野さんの青春について、「ラッセンの…」と語りかけると、「私はクリスチャン・ラッセンじゃないですからね!」と永野さんもつっこみ。

諸橋沙夏さん

=LOVEメンバーたちの青春トークとなると、佐々木舞香さんは今が青春を感じている時期と話し、齋藤樹愛羅さんは中学生の頃、教室で鬼ごっこをしたのが思い出とのこと。ほっこりしたトークに永野さんも笑顔を寄せると、瞬間にラッセンへ。

齋藤樹愛羅さん

全てをかき消すような転換からは、2020年に自粛期間などで増えたおうち時間について。諸橋さんはドッグランとお酒、大場花菜さんはイラストとのことで、大場さんは「将来はイコラブのグッズ制作会社に入りたい。」と話します。また、「青春“サブリミナル”」のMVについては「みんなで花火をしたシーンがすごく楽しかった」と山本杏奈さん。

大場花菜さん

そのまま“青春”に合わせた2チームによる胸キュン台詞コーナーへと移ると、両チームとも代表メンバーのシンキングタイムには審査をする永野さんがアグレッシブにラッセンします。

「考えていたものがシンキングタイムで飛んでいっちゃった(笑)」と言う齊藤なぎささんでしたが、巧みな教室シチュエーションで永野さんから高評価を得ることができました。

齊藤なぎささん

最後は、1月16日、17日と武道館2DAYも控えたツアーについて高松瞳さんが「みなさんにとっても私たちにとっても最高の思い出にしていきたいと思います。」と意気込みを語りつつ、するとここでサプライズバースデーも。

高松瞳さん

リーダーの山本杏奈さんのバースデーが祝われ、「武道館は永野さんよりもっともっと汗をかけるようにがんばります♪」とコメントの後は、仕上げのラストラッセンで永野さんも激励。爆笑を巻き起こしつつ、8thシングルにあわせて8回のラッセンを披露したことも明かし、にぎやかにイベントは終了となりました。

山本杏奈さん

=LOVE(イコールラブ) オフィシャルサイト:https://equal-love.jp/
=LOVE_official (@Equal_LOVE_12) | Twitter:https://twitter.com/Equal_LOVE_12

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる