mini通信:マジパンひまわり先生の連載第4話更新!

桜エビ~ず、アルバム「octave」リリース記念ロングインタビュー!みんなで語る・みんなのこと

──このインタビューで反応が増えていただけると、こちらも嬉しいですが…。それでは村星さん。

村星:村星りじゅです。高校二年生の16歳です。好きな食べ物はメロンパンで、中学2年生から朝ごはんは毎日トーストです。ある時から目玉焼きが増えました。以前メンバーとインド料理屋さんに行ってカオマンガイ(タイなど東南アジアの庶民料理)を食べたんですよ。そこからカオマンガイが好きになって。あまりインド料理屋さんに行く機会が無いので、行った時はカオマンガイ(主にタイの料理)を食べたいと思います。…自己紹介じゃない(笑)頭の中にカオマンガイが出てきちゃって。

一同:(笑)

──村星さんについて、みなさんはどのように感じていますか?

茜:真面目。バカ真面目という感じです。歌もダンスもがんばります!みたいな。表に出さないけどすごく練習していると思うし、ファンの方から「成長したね」って言われてる回数が1番多いと思う。

──では、相当自主練習はされるんですか?

村星:お母さんが教えてくれるんです。「あの子みたいにやった方がいいよ」とか「もっとキレよくやって」とか。それで記録の動画を見て、またアドバイスをくれます。

水春:最近はお母さんの厳しいエピソードがどんどん出てくるので、りじゅはお母さんのイメージが強いですね。

村星:先日のリリースイベントで浴衣を着させていただいたんですけど(参考:8月17日のイベントレポ)、私は全然センスが無いんですよ。今までお母さんとショッピングに行っても洋服に興味が無くて、ふ~んみたいな感じで。でも、やっぱりそれじゃダメだなと思って教えてもらいながら、衣装を自分で選ぶ時は目を凝らしています。お母さんはメンバー1人1人細かく見ているんですよ。

川瀬:こわい!(笑)

村星:ママに認められたい一心でがんばっています。

──村星さんのファッション面についてみなさんはいかがですか?

水春:可愛いと思ったのが、着ていた洋服をみんなで可愛いって言ったら、その色違いも買ってきたんですよ。(メンバーに)これ、めっちゃ可愛くない?

村星:レッスン着も色違いです。

水春:でも実はすごいオシャレなのかも?レッスン着はワントーンコーデみたいな。

茜:赤いズボンに赤いシャツなんです。

──たしかに着こなせる雰囲気がありますよね。

一同:うんうん。

──それでは芹澤もあさんにもおうかがいしていきたいと思います。

芹澤:中学2年生13歳。好きなものはタピオカと、YouTubeを見ることと、サイクリングです。自転車は持っていないんですけど、ママの前後にカゴがついている自転車でサイクリングしています。

一同:え?ママチャリ??(笑)

川瀬:一人で行ってるの?

芹澤:そう。ただ家のまわりをぐるぐるまわっています。

茜:サイクリング自体は知ってたんですが、自転車を持っていないなんて知らなかったです。

川瀬:そしてまさかのママチャリ。

──自分ではどんな性格だと思いますか?

芹澤:飽き性かな。めちゃくちゃハマっていることも一週間くらいで収まっていたりします。

桜井:グループでは最年少だけど家族だとお姉ちゃんなので、話を聞いていると妹に当たりが強いみたいです。

芹澤:でも、2番目の妹がすごくしっかりしていて、言い合いをしても正論で返ってくるので負けます(笑)

茜:グループに入った初期の頃は、最年少だけど1番しっかりしてるってみんなで言っていたんですけど、最近は思わなくなってきました。

水春:けっこう適当かも。あー、間違えちゃった、ま、いっか、みたいな。心が強いですね。

──あまり執着がないといったところでしょうか?

芹澤:んー、物によるのかも。好きなものはすごく好きだし。

水春:いつも笑っちゃうのが、髪の毛を固めるムースをソフトクリームみたいに頭のっけて、そのままみんなのところにくるところ(笑)

芹澤:手が汚れるのが嫌で、置いておけば自然に馴染むかなと思って。

──伸ばさないといけないんじゃないですか?

川瀬:浸透させてる?

村星:でも嬉しいのは、入った当初は控えめだったのが、今はちょっとしたことでもたくさん喋ってくれます。最近はみっぴ(桜井)ともあちゃんのコンビが面白くて、みっぴがボケたらもあちゃんがつっこんで、それを見ているのが楽しいです。

芹澤:最初は緊張して喋るのにも時間がかかっちゃったんですけど、今はすごく喋りたくなっちゃっています。メンバーがシーンとしている時は喋る内容を頭の中でめっちゃ考えていますね。

桜井:もあちゃんと話しているとどんどん話しかけてくるから止まらないです。

水春:世話の焼けるペットみたいな

一同:(笑)

>>次のページ
桜井美里・水春のこと