mini通信:ひまコレ#5更新!(動画付き)

“2020年のおしゃかわ”アイドル「リルネード」にインタビュー!初ワンマンライブに向かって、3人が語るわたしたち

オーディションについて

──それでは「でんぱ組虹コンJr.メンバー募集オーディション」で集まった3人ではありますが、応募のきっかけなども教えていただけますか?

まゆ:私は以前にもアイドルをしていたんですけど、解散してしまったので未練も残っていました。それで根本さんのファンでもあったし、もう一度アイドルをやりたいのもあって受けました。

しどみ:私は小さい頃から漠然と芸能界に淡い夢を抱いていたんですけど、たまたまオーディションサイトで見つけて応募しました。オーディションも初めてだったので、ここに何かを感じたのかも。

きりこ:私はずっとモデルになりたくて、たくさんオーディションも受けていたんですけど、ホントに一度も受かったことがなかったんです。ダンスの発表会でご当地アイドルの方にお声掛けしてもらって、少しだけ活動したんですけど、そこもすぐに解散しちゃって。でも、そこでアイドルが楽しいと思って色々受けてみました。勉強もがんばっていたので、ここで落ちたら受験に向けてもう終えるつもりでいたんですけど、受かりました!やったー!

まゆ:私も最後のつもりでした。

隣で聞いていたののたP:このメンバーは今回のオーディションで一度落ちてしまった子たちなんです。

──すると不合格の連絡があった後に、リルネードやりましょうという連絡があったんですか?

まゆ:私としどみちゃんは不合格のその日にご連絡をいただいて、きりこはもう一つ先に受かっていたんですけど、その時にお話したんだよね?

きりこ:ののたさんともふくさんに直接お話をいただきました。

ののたP:私もオーディションをずっと見ていたので、何人かめぼしを付けて、この子たちに声をかけさせてもらいました。

初ステージ・TIF2019の感想

──それでは活動についてもおうかがいしていきたいと思います。初ステージ(DEARSTAGE新人ユニットお披露目LIVE)はいかがでしたか?

まゆ:(2019年)7月31日なんですけど…

きりこ:トップバッターで緊張が。

しどみ:私は初のステージだったので緊張という言葉では表せないくらい。

まゆ:でも最初からお客さんがさっそくコールも入れてくれて、アットホームな空気でした。

しどみ:安心しましたね。

──そういうお客さんたちもいて、ステージに立ってみたら緊張も無くなるような。

まゆ・きりこ:うんうん。

しどみ:…緊張しました(笑)

──その客席の光景を見ての感想もありますか?

しどみ:あ、もうまったく見えませんでした、暗くて。

──暗さ!?

しどみ:色々分かんなくなっていたのかも知れない(笑)

──なるほど、記憶も飛んじゃうくらい…

しどみ:あるんですけど、歌うのに必死。

まゆ:的場さんとの調整も大変で、振り入れの時間が少なくて不安だったよね。それで、その後にすぐ「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」だったんですけど、映像を観たらガチガチでした。

──野外ステージのSMILE GARDENでしたよね。

しどみ:思ったよりお客さんがたくさんいて、「よし、やろう!」と思いました。

──やれましたか?

しどみ:緊張しました(笑)でも、あんな広いステージに立たせていただけることはなかなか無いと思いますので、嬉しかったです。

きりこ:その時は楽しかったんですけど、映像を観直すとヘタだなぁって。ソロダンスも表情が固くて…。でもたくさんの人に知っていただきたくて、がんばりました。

まゆ:立ち止まってくださる方もいて、緊張はしていてもパフォーマンスはちゃんとできていたのかな?

──自分も拝見しましたが、パフォーマンス力を感じました。

3人:ありがとうございます!

▶▶次のページ
センスが冴える楽曲、そしてそれぞれの夢についても…