CROWN POPが「To Do」発売記念イベントで熱唱!黒サンタ衣装で寒さも吹き飛ぶパフォーマンス

アイドルグループ・CROWN POP(愛称:クラポ)が、12月22日にリリースするニューシングル「To Do」の発売記念イベントを12月20日(日)に東京・MAG’s PARKで開催。

クラポにとって約1年ぶりとなるニューシングル「To Do」は、10月に新体制になって初の作品。三田美吹さんは体調回復のため12月中は休養することとなり、今回のイベントは里菜さん、田中咲帆さん、藤田愛理さん、雪月心愛さんのメンバー4人が、三田さんの思いも胸にパフォーマンスを行いました。

▽あわせてチェック♪:はちみつロケット、解散ライブも全力パフォーマンス!涙×笑顔できらきらのラストステージに

クリスマス間近ということで、メンバー4人は黒のシックなサンタ衣装で、寒さを吹き飛ばすパフォーマンスを繰り広げます。本イベントは新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮した形で行われ、観客はハンドクラップでメンバーを応援。

渋谷のスクランブル交差点の真上にある屋上ステージの晴れ渡る青空のもと、爽快なメロディが響くロックチューン「LIFE」でライブスタートし、三田さん本人のボーカルパートも活かしつつ、気持ちは5人でパフォーマンス。会場のポッパー(クラポのファン)は、ハンドクラップで気持ちをメンバーに届けます。

自己紹介を挟んで、2021年2月6日、KT Zepp Yokohamaでの単独公演『CROWN POP STYLE』開催を改めてファンに告げると、里菜さんは「CROWN POPにとって初のZeppなので、ぜひみなさん来てください!」と声をあげました。

里菜さん

そのまま迷いと前に進んでいく思いを歌うミディアムポップチューン「横断歩道」、この日の空とリンクするような爽やかなポップチューン「手のひらに青空」。

さらにMCでは、「To Do」のOther Short MVについて、メンバーの表情が見えないシルエットのみということに触れ、ビジュアルに左右されず歌とパフォーマンスの力だけで勝負していくというクラポの意気込みを感じさせます。藤田さんは「シルエットのかっこいい感じなっているので、みなさんたくさん見てください!」と語りました。

ニューシングルのリード曲「To Do」を披露すると、これからも前へ進んでいく思いをポッパーにしっかりと伝え、リリースイベントを締めくくりました。

クラポは、2021年2月6日にKT Zepp Yokohamaで単独公演『CROWN POP STYLE』を開催。新体制となってさらに進化していくCROWN POPの2021年の活躍に期待が高まるリリースイベントとなりました。

■CROWNPOPオフィシャルサイト https://www.crownpop.com/
■Youtube公式チャンネルCROWNPOP 
https://www.youtube.com/channel/UCAZYfzqOFJX2-bOWV06q1CA

▽あわせてチェック♪:「Girls²」九州出身メンバーが語る!黒木啓司・NESMITHも参加で話題「弾心 〜ダンシン〜」SPインタビュー!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる