『ブレイブ -群青戦記-』出演・宮下かな子インタビュー!女優・イラスト・多才な素顔

戦国時代にタイムスリップした高校生アスリートたちが戦に巻き込まれていく姿を描く、新田真剣佑さん主演の映画『ブレイブ -群青戦記-』。3月12日公開より話題を集める本作では、薙刀部部長・今井慶子役として宮下かな子さんが出演しています。

また、女優業ほかにも、イラスト連載など多才な魅力で注目を集める宮下さん。

今回のインタビューでは、芸能界入りのきっかけや、映画『ブレイブ -群青戦記-』、またイラストについてなどさまざまにお話をうかがいました。

インタビュー後半には、動画企画やチェキプレゼントも!ぜひ最後までお見逃しなく♪

▼写真一覧

もくじ

女優へ、踏み出した頃

──最初はエキストラから始まったということなんですが、そもそも宮下さんはお芝居に興味がある子だったんですか?

小さい頃からドラマの影響で、夢が変わる子だったんです。CAさんのお話だったらCAさんに、先生のお話だったら先生にと、コロコロ変わっていたんですけど、ある時「女優さんの演技を見て私はこんなに夢が変わっているんだ」と気付いて、そこから女優さんを目指すようになりました。

──なるほど、それは時期的に言うと、中学生の頃くらいでしょうか?

はい。でも、女優になろうというか、やっぱり福島県の田舎できっかけもなかったので、素敵だなと思う程度でした。

──同級生で同じような夢を持つ子などはいましたか?

全然聞いたことがなかったので、それで私もあまり人に言えなかったんです。

──そこからは例えば高校で演劇部に入ったり?

ダンスが好きだったので部活はずっとダンス部でした。でも、1人で本屋さんに行って、オーディション雑誌で事務所の名前を調べたり(笑)それでも応募までには至らなかったですね。

──どこか踏ん切りがつかないような感覚だったんですか?

なれるわけないと思っていたし、実は高校生の時に親に打ち明けたら「現実を見なさい」と言われてしまったので、素直に「はい」って(笑)そこからは普通に大学に進んで、上京してから応募してみました。

──それがエキストラへの応募だったんですね。単純にアルバイトとしてやられる方もいますが、次へのステップを考えられていたんですか?

大きなコンテストやオーディションに応募する勇気が無かったので、とりあえず現場に行こうと思ったんです。その時もオーディション雑誌をめくっていて、映画のエキストラという文字にすごく引っかかりました。

──ご自身で理由は分かりますか?

なんでこんなになりたいんだろう?というモヤモヤを解決したかったのと、映画の現場に行けるかもしれないと思ったんです。応募用の写真は自分でカメラを置いて撮りました(笑)そこからそのエキストラをまとめていた方が事務所を作るということで、呼んでいただいてミュージックビデオなどに出演しつつ、『転校生』で本広克行さん(『ブレイブ -群青戦記-』でも監督を担当)に見つけていただいたり。しばらくフリーでの活動していたところを、アミューズさんに見つけていただいて…この春で、所属して4年目になりますね。

──少しずつステップアップしていく中で、宮下さんはどういう心境でいましたか?

流れに乗っていく中で、親も本広監督の舞台からは応援してくれるようになりました。それで大学もありつつ、これでがんばりますと。

──その時に不安な気持ちもありましたか?

いや、今でも不安です(笑)

宮下かな子「キネマのスタアたち」

──Webメディア「日刊サイゾー」では「宮下かな子と観るキネマのスタアたち」という連載もされていますが、昭和文化が好きなんですか?昭和アイドルなどは今の10代にも好きな方はいますが。

そうなんですか??でも、アイドルも好きで先日放送されていた山口百恵さんの番組も録画しています。松田聖子さんも好きですよ。

──そうなんですね。連載では黒澤明監督や小津安二郎監督など、少し渋めの趣味なのかと思っていました。

きっかけは、参加させていただいた映画祭で色んな監督の方が、そういった映画のお話で盛り上がっていたからなんです。作品としては『東京物語』は繰り返し観たい作品ですし、伊丹十三監督の作品も好きです。黒澤明監督の作品は少し男臭さに距離感は感じるんですけど『生きる』は素敵な映画でした。

──演技などで影響を受けることもあるんでしょうか?

原節子さんはとても素敵ですし、佇まいや存在感に惹かれる部分はありますね。

──意識するようになったことなどはありますか?

やっぱり演技とはいえ、そこに自分もいるわけで、信念を持つことが大事かなと思います。

『ブレイブ -群青戦記-』では先輩として

──それでは今回出演されています映画『ブレイブ -群青戦記-』についてですが、宮下さん演じる今井慶子はどういった役柄になりますか?

薙刀部の部長で、男勝りな、今まで演じたことがないくらい気が強い性格の女性になります。

──役作りについて教えてください。

口調の強さは後輩への責任感もあってのことなんです。それもあって今回は本当の部活のように朝練もやりました。私自身はこれまで勝敗のつくスポーツをやってこなかったので、そこも意識しつつ薙刀を練習していましたね。

──現場では、やはり先輩らしく?

普段はあまりそう思うことはしないんですが、今回が初めての演技という子もいたので、引っ張っていかなきゃと思いました。

──そういう役回りは得意な方ですか?

一応長女だったりするんですけど、ついていく方がいいです(笑)でも、後輩役の子たちの前では先輩らしく振る舞うように頑張ってました。

今後の宮下かな子

──それでは多才な宮下さんではありますが、今後は何か伸ばしていきたい分野などありますか?

そうですね、お芝居もですけど、イラストを描くことも広げていきたいですね。

──「日刊サイゾー」での連載のほか、SNSでも“ひとこまみやした”といったゆるくてかわいい投稿をされていますよね。

10分くらいで描いているんですけど、それを見てくださるみなさんと繋がりが持ててすごくよかったと思います。連載の方は頑張ってしっかり描いてます。

──Twitterに投稿されたタイムラプスのようなメイキング動画も見ましたが、書き込みもすごいですよね。それでは、今後の女優業についてはいかがですか?

(メイキング動画を)見ていただいてありがとうございます(笑)お芝居の方は、もういただいたお仕事や役を一つ一つを、丁寧に向き合っていければと思います。

***

そんな宮下さんはイラスト作品をまとめたサイトも公開中。女優・イラストと様々に展開する宮下さんの今後にも注目です。

↓宮下さんのイラスト作品集 ホームページはこちら
https://mystknk.wixsite.com/miyakanakoillust

▽Twitter
https://twitter.com/miyashitakanako/
※“ひとこまみやした”はこちらでチェック♪

▽Instagram
https://www.instagram.com/miya_kanako/

動画企画「『ブレイブ -群青戦記-』出演女優が漫画家?宮下かな子の“ひとこまみやした”」

「宮下かな子」チェキプレゼント

【応募方法】
・蜜柑通信公式Twitterアカウントをフォロー
・対象ツイートをRT:
https://twitter.com/MIKAN_HENSHUBU/status/1372142033184251904?s=20
・当選者1名に上記チェキ(1枚)をプレゼント!(合計2名)

応募〆切:2021年3月31日
当選通知:応募締め切り後、当選者様へTwitterのDMにてご連絡いたします。
※住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

【ご注意】
発送は日本国内に限らせていただきます。
抽選状況へのお問い合わせはご遠慮ください。
下記の場合は、当選を無効
・ご連絡先・お届け先情報の不備があった場合
・ご応募に関して不正な行為が確認された場合
・第三者に譲渡・転売が確認された場合

▶おすすめインタビュー①:@onefiveに2ndシングル「BBB」なインタビュー♪10代ガールズの超仲良しトーク!

▶おすすめインタビュー②:坂ノ上茜インタビュー!1st写真集『あかねいろ』地元熊本ロケと、それにまつわる思い出たち【動画企画も!】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる