もくじ

Girls²・EP「ジャパニーズSTAR」リリースインタビュー!『ねこねこ日本史』OP・ED&Girls²史を語る

さまざまなコラボレーションや「おはスタ」(テレビ東京系)のおはガールとしてもお馴染みのガールズ・パフォーマンス・グループ「Girls²」(読み:ガールズガールズ)。2021日1月13日には、彼女たちの3枚目となるEP「ジャパニーズSTAR」がリリースされました。

今作は、現在NHK Eテレにて放送中の『ねこねこ日本史』第5期後期のオープニング主題歌「ジャパニーズSTAR」、エンディング主題歌「ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜」、そして同アニメ第5期前期の主題歌として起用されていた「ぐるぐる」も収録した、まさに『ねこねこ日本史』一色のEP。

インタビューではメンバーを代表して、小田柚葉さん、隅谷百花さん、増田來亜さん、山口綺羅さんの4人にお話をうかがいました。また、蜜柑通信ではお馴染みの動画企画・チェキプレゼントも!ぜひ最後までお見逃しなく♪

▶同時公開!:Girls²『ダンスキップ!』インタビュー!鶴屋美咲・菱田未渚美・原田都愛で「ガル学。」×「おはスタ」

▶おすすめ記事:「lovely²」インタビュー!「ラブパト」EDも収録、4人体制初シングルで感じたこと

(以下)
小田柚葉さん:ユズハ
隅谷百花さん:モモカ
増田來亜さん:クレア
山口綺羅さん:キラ

文・写真:なんぶひとし

もくじ

『ねこねこ日本史』=ねこねこ+日本史について

増田來亜さん

──まずは『ねこねこ日本史』ということで、“ねこ”好きな方をおうかがいしたいです!

モモカ・クレア:はい♪(挙手)

──おっと、意外と少ないですね。どういうところが好きですか?

クレア:ねこちゃんの不思議感が好きです。性格はそれぞれ違うので、ここ、っていうのは難しいんですけど、だっこした時の重みとか、軟体なので…

──「ねこは液体」など、冗談で言うことも多いですよね。

クレア:あ、でも本当に私も液体だと思っていて、伸びちゃうところとか愛くるしいです。

──モモカさんは?

モモカ:クレアのように具体的な部分は無いんですけど、見た目が好きです。猫アレルギーなんですが、どうしても抱きたくなっちゃいますね。

──ユズハさんとキラさんはいぬ派ですか?

キラ:ねこも好きですけど、いぬ好きですね。私もアレルギーなんですけど、本当に好きなんです。愛嬌もあって可愛い。

──ユズハさんは?

ユズハ:…動物が苦手なんですよ。鳥とかもダメで、一番ダメなのはアルパカです。

小田柚葉さん

──え?アルパカ!?

4人:(笑)

キラ:かかわることあんまりないでしょ?(笑)

ユズハ:でも「おはスタ」のロケの時に素手でエサをあげることになって、それまで苦手を隠してたんですけど、いざとなると「うわー!」ってなっちゃいました…。

クレア:私とモモカとユズハで行った時だね。

モモカ:感触とか全然覚えてないけどなぁ。

──『ねこねこ日本史』はアニメだから大丈夫ですよね?

ユズハ:それは大丈夫です。

──ホッとしました。それでは『ねこねこ日本史』は“ねこ”、そして日本史でもあります。みなさん日本史はいかがですか?

クレア:詳しいわけでは無いんですけど、日本の文化を学ぶのは好きなので、教科としても好きです。

キラ:色んな時代を勉強するのは興味深いし、発見してるなぁって思います(笑)

EP「ジャパニーズSTAR」の楽曲たち

──『ねこねこ日本史』のEDとなった「ぐるぐる」に続いて、今回はOP・EDの両方を担当していますよね。楽曲についても教えてください。

※「ジャパニーズSTAR」の歌唱担当:鶴屋美咲・増田來亜・山口綺羅
※「ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜」の歌唱担当:小田柚葉、隅谷百花、石井蘭

クレア:「ジャパニーズSTAR」は、「ぐるぐる」よりもさらにポップさがありますし、日本の魅力がたくさんつまった楽曲になりました。

ユズハ:「ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜」は、日本史の魅力がつまっていて、ラップが入っていたりなど特徴的な楽曲になっています。

──楽曲のポイントとしては?

ユズハ:「ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜」だと、私はここまでラップするのが初めてなので、練習に時間がかかりましたし、レコーディングも苦労しました。

──どういうところが難しかったんですか?

ユズハ:ラップはできたんですけど、メロディー部分の音程が微妙に違っていたりしました。でも、モモカは完璧。

モモカ:いやいや。でも、三人のところは最初バラバラに練習していたので、細かい部分を合わせるのは大変でした。

──ラップは新しい挑戦ということですが、それも含め歌・ダンスとこれまでと取り組み方が変わってきたような部分などありますか?

モモカ:具体的になるんですけど、私はミックスボイスで歌いがちなので、ボーカルの先生から「チェストボイスも使えたらいいよね」と言われて、そこは意識するようになりました。まだ難しいんですけどがんばっています。

※ミックスボイス:裏声と地声が混ざった発声
※チェストボイス:主に地声のみの発声

隅谷百花さん

クレア:私は音域がせまいので高音は裏声なんですけど、その分、切り替えや使い分けは得意になってきました。

キラ:レッスンもあって、私も前よりは高音を自然に出せるようになりましたね。

ユズハ:ダンスで言うと全体レッスンの時など、みんなのダンスを見ながら、もっとカッコよく踊れるように変えてみたりしています。

──「Girls²」はダンスをがんばっている同世代のファンの方も多いと思うんですが、その子たちにアドバイスするとしたら?

キラ:ダンスはやっぱり日々の積み重ねなんですけど、音の聴き方は大事かなと思います。ボーカル以外にも、ピアノやベースなど楽器の音もよく聴いて、アクセントの取り方を考えたりすると個性も出てくると思うので、私もそうやって練習しています。

クレア:私は歌もダンスもオリジナルな表現に届く段階ではないので、まずはマネをすること。目標の人のものを学んでいくと、オリジナリティも出てくると思ってがんばっています。

モモカ:ボーカルについては、私は今まで歌いたいと思ったものをただ歌っていただけだったんですけど、ボーカルレッスンをするようになってアドバイスをいただけたりするので、よかったと思っています。

ユズハ:私は歌が苦手でリズムも取れなかったんです。でもドラマ(「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」)をきっかけにレッスンで発声を学んだら歌えるようになって、発声は大事なんだなと感じました。歌を苦手に感じたら発声からやっていくのもいいんじゃないかなと思います。

“Girls²史”を振り返って

山口綺羅さん

──それでは『ねこねこ日本史』にかけて、Girls²史を振り返ってみるといかがですか?

モモカ:山あり谷あり

4人:そこまで?(笑)

クレア:個人的には少しずつ広がっていけてるんじゃないかなと思っています。一気にではないんですけど、色んなコラボもさせていただいて少しずつ進んでいると感じます。種を蒔いているところなので(笑)

──なるほど(笑)

キラ:もうすぐ咲きます!

──モモカさんは「おはスタ」などいかがですか?

モモカ:楽しいです…けど、未だに人見知りなんです(笑)芸人のみなさんはスタジオに着いた時からテンションも高くて、私もがんばらないとと思います。

──ユズハさんは「おはスタ」内で、“まじめ子ちゃん”など色々キャラもやられていて素晴らしいですよね。

ユズハ:あれも新たな挑戦ですね(笑)そういうキャラクターをもらえるのはありがたいし、楽しいですし、朝から気合いを入れて“おはトモ”(「おはスタ」視聴者のみなさん)に楽しんでもらえたらと思います。

──キラさんはいかがですか?バラエティだけでなくても。

キラ:「おはスタ」もドラマも貴重な経験をたくさんさせてもらっているので、ありがたいと思っています。レギュラーでの出演も貴重ですし、色んな活動一つ一つに対して全員本気で向き合っているので、私たちのことを色んな方に知ってもらいたいですね。

2021年、それぞれの目標

──それでは、まだまだイベントなど落ち着かない状況ではありますが、2021年の目標などありますか?個人でもグループでも。

ユズハ:どうなるかは分からないんですけど、やっぱり歌番組やバラエティ番組とか出演させてもらいたいです。

──バラエティは色々チャレンジすることになるかも知れませんよ?

ユズハ:もう「おはスタ」で経験させてもらってるので、覚悟してます(苦笑)

全員:(笑)

ユズハ:個人としては演技とかアニメにも興味を持ち始めたので、声優さんにもチャレンジしたいです。

モモカ:私は歌とダンスのスキルアップができるようにがんばっていきたいのと、女優やタレント活動にも興味があるので挑戦していきたいです。

キラ:2021年こそはお客さんの前でパフォーマンスしたいっていうのと、個人としては、今の学生だからできるCMや、個人的にも好きなメイク関係のものや、バラエティにもたくさん出られるようになれればいいなと思います。

クレア:やっぱりみなさんに知ってもらいたいので、たくさんのメディアに出たいです。個人としては声優もやりたいんですけど、実力はまだまだなので2021年は勉強かな?

■Girls²オフィシャルサイト:
https://www.girls2.jp/

***

今回、収録される『ねこねこ日本史』オープニング主題歌「ジャパニーズSTAR」は、日本の魅力がぎゅっと詰まったアップテンポな楽曲になっており、鶴屋美咲さん・増田來亜さん・山口綺羅さんが歌唱を担当。

エンディング主題歌「ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜」は、お勉強ラッパーYouTuberとして活躍中のCo.慶応さんが作詞・作曲を手掛け、リズミカルで覚えやすい歌詞で楽しく歴史の勉強ができる楽曲に仕上がっています。歌唱担当は小田柚葉さん、隅谷百花さん、石井蘭さん。

2021年飛躍する勢いのGirls²。年明け最初のEPに注目です!

▶おすすめ記事:「Girls²」九州出身メンバーが語る!黒木啓司・NESMITHも参加で話題「弾心 〜ダンシン〜」SPインタビュー!

ねこねこ日本史×Girls²=「ねこGirls²」!ジャパニャーズSTARチェック♪

Girls²(4人集合)チェキプレゼント

【応募方法】
・蜜柑通信公式Twitterアカウントをフォロー
・対象ツイートをRT:
https://twitter.com/MIKAN_HENSHUBU/status/1351486914818310145?s=20
・当選者1名に上記チェキ(1枚)をプレゼント!(合計2名)

応募〆切:2021年1月30日
当選通知:応募締め切り後、当選者様へTwitterのDMにてご連絡いたします。
※住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

【ご注意】
発送は日本国内に限らせていただきます。
抽選状況へのお問い合わせはご遠慮ください。
下記の場合は、当選を無効
・ご連絡先・お届け先情報の不備があった場合
・ご応募に関して不正な行為が確認された場合
・第三者に譲渡・転売が確認された場合

Girls² 3rd EP「ジャパニーズSTAR」

リリース:2021/1/13(水)
【初回仕様限定盤[CD+DVD]】

[CD]
ジャパニーズSTAR
ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜
ぐるぐる
ジャパニーズSTAR(カラオケ)
ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜(カラオケ)
ぐるぐる(カラオケ)

[DVD]
ジャパニーズSTAR – アニメオープニングノンクレジットver. –
ジャパニーズSTAR – ダンスプラクティスビデオ –
ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜 飛鳥時代 -アニメエンディングノンクレジットver. –
ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜 奈良時代 -アニメエンディングノンクレジットver. –
ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜 鎌倉時代 -アニメエンディングノンクレジットver. –
ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜 室町時代 -アニメエンディングノンクレジットver. –
ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜 江戸時代前期 -アニメエンディングノンクレジットver. –
ねこねこ日本史おぼえ歌〜全時代丸分かり♪〜 江戸時代後期 -アニメエンディングノンクレジットver. –
ぐるぐる -アニメオープニングノンクレジットver. –
ぐるぐる -ダンスプラクティスビデオ –
品番:AICL-3995~3996 価格:2,300円 + 税

■楽曲ダウンロード&CDはこちら
https://smar.lnk.to/lhEhM0YA

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる